Booya! Booya!

毎週末ブログ更新を目標しています。

Pythonの仮想環境を作成する(macOS)

f:id:natuko_selfish20200223:20200314115629j:plain

PythonはローカルPC上に、仮想環境を開発単位で作成することができます。
複数作成した仮想環境同士は、お互いに影響を与えることはありません。
これは、PythonDjangoのモジュールが仮想環境ごとに独立して生成されるためです。
開発単位に仮想環境を作成することで、Pythonのバージョンが違う場合の検証も行うことができます。

ここでは、Pythonの仮想環境の作成方法を説明します。

 【目次】

1. Pythonの仮想環境を作成する

⑴ターミナルを起動します。

⑵仮想環境を作成するコマンドを入力し、Enterキーを押下します。

$python3 -m venv <仮想環境名>

f:id:natuko_selfish20200223:20200322194403p:plain

⑶作成した仮想環境ディレクトリにあるbinディレクトリに移動します。
 その後、「activate」を実行して仮想環境に入ります。
 仮想環境に入ることができると「(<仮想環境名>) $」と表示されます。

$ cd venv_private_diary/bin
$ source activate
(<仮想環境名>) $

f:id:natuko_selfish20200223:20200314203324p:plain

Pythonの仮想環境ができたことを確認したら、「deactivate」コマンドを使用して仮想環境から抜けます。

$ deactivate

f:id:natuko_selfish20200223:20200314210401p:plain

以上で、Pythonの仮想環境の作成は完了です。

2. 余談

私は、コマンドプロンプトやターミナルなどのCUIを使用するときは、コマンドを実行し終わった後に2〜3回Enterキーを連打して、空行を追加するという癖があります。
遥か昔、新人のときにベテランエンジニアの指導で身についたような、そうではなかったような……。

なぜ、このようなことをするのか理由はわかりません。
私の予想としては、おそらくコマンドが入力できる状態になっているか確認するために「タタタン」とEnterキーを連打してるのかと考えています。

 

コマンドラインのオプションを調べたい場合は、こちらをご覧ください。

docs.python.org

 

 

Python実践入門 ── 言語の力を引き出し、開発効率を高める (WEB+DB PRESS plusシリーズ)
 
動かして学ぶ! Python Django開発入門 (NEXT ONE)

動かして学ぶ! Python Django開発入門 (NEXT ONE)

  • 作者:大高 隆
  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

  

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村